横溝正史観合同企画展 「イラストレーター杉本一文が描く横溝正史の世界」

yokomizo_tirashi2014年4月26日㈯~6月29 日㈰ @根津記念館
展示棟「八蔵」内 企画展示室
※会期中、杉本一文氏のサイン会。トークイベントを開催します。
※本企画展開催中、横溝正史館の休館日は以下のとおりとなります。ぜひ、横溝正史館にもお立ち寄りください。
休館日 毎週月曜日
(企画展終了後は、月・水・金が休館となります)

横溝正史館との共同による「イラストレーター杉本一文が描く横溝正史の世界」です。
角川文庫をはじめとする横溝正史シリーズの表紙カバー絵を30年以上にもわたり描き続けている杉本氏。横溝特有の「オドロオドロしさ」を見事に表現した絵は、ときに妖しくときに艶やかで美しく、観る者を魅了します。同じ小説でも出版時期によってカバーが異なるため、全パターンをコレクションしているファンもいるほどです。
今回の企画展では、50点を超える原画のほか、杉本氏のイラストに影響を受けたという若手アーティストの作品、1977年に甲斐市(当時の敷島町)にて撮影された映画「悪魔の手毬唄」のロケ風景なども紹介します。全てが横溝ファンの協力により実現したものです。
横溝正史ブームの火付け役ともなった杉本氏の作品を中心とした「横溝正史の世界」、じっくりお楽しみください。

根津記念館