根本敬 solo exhibition 「描き下ろしROCK、SOUL、ぴんからレコードジャケット展

根本敬会期/6月20日(金)~6月25日(水) 平日15時~20時、土・日13時~20時
会場/Plup
大阪府大阪市西区南堀江1-14-14-103
Tel:090-7767-3926 http://pulpspace.org/

中古レコード屋で見つける名盤のジャケットに付いたシミが、何とも言えない味を醸し出す場合があるが、根本敬によって描かれる名盤ジャケットには、それと比較にならない程のコク深い味がある。
それには、アナログ盤ジャケットに対する愛ゆえに溢れる愛液による、目には見えないシミがへばりついているに違いない。

「音盤、とりわけアナログ盤ジャケットへの思いは深い。それを真っ白なLPジャケットにロックやソウル等の歴史的名盤を自分 なりの解釈で描いてみる。こうして次なる表現の入口を探っているとも言えるし、同業者からクレームが来る程の手軽い値段設定で長年応援してくれながら、金 銭的余裕のないファンへ届ける機会にしたいとも言えるし、こちらの〈しのぎ〉であるとも言える。しかし最終的にはレコーズジャケット画集を出す(東京キララ社刊)のである。締切が守れず遅筆。その吾が性格の難点を、「描いて即売る」→ 現金化→生活の糧という餌で釣る自らへの「仕掛け」でもある。と、そんなわけで皆様のご来場心よりお待ちしております」(根本敬)

※6/20~22は作家が在廊いたします。
作家と共に作品の世界に触れられる機会ですので、どうぞ足をお運びください。