京都みなみ会館で『オン・ザ・ロード』を上映

オン・ザ・ロード2014年7/5(土)~17(木)@京都みなみ会館
オン・ザ・ロード

≪ビートニク映画祭≫
7/18(金)~25(金)の開催を先駆けて『オン・ザ・ロード』を上映致します。ビートジェネレーションの中心人物のジャック・ケルアックの小説「路上」を読んだことがない方、ビートジェネレーションとはいったい何?!という方も、≪ビートニク映画祭≫を楽しんで頂くためには、知って損はない重要な人物が沢山登場します。今回“ビートニク”という言葉を初めて知った方もぜひぜひご覧になって頂きたい作品です。

50年代アメリカで、作家・詩人より発端したカルチャーの潮流“ビート・ジェネレーション”の中心人者作家ジャック・ケルアックの小説「路上」を原作に、鬱屈した日々を過ごしていた若き作家サルと、真面目で退屈な知識人である自分や作家仲間たちと真逆の存在で、社会の常識やルールに全く囚われない奔放な男、ディーンと妻メリールウと三人で共にニューヨークを飛び出し、広大な大地を放浪する。

オン・ザ・ロード
2012年/フランス、ブラジル/139分/ブロードメディア・スタジオ/R15+
監督:ウォルター・サレス
出演:サム・ライリー/ギャレット・ヘドランド/クリステン・スチュワート/エイミー・アダムス/トム・スターリッジ/ダニー・モーガン